カタログ作成に関する情報が満載!

たのしいカタログ

カタログ作成のデザインで陥りがちな罠

カタログ作成をする時に最も気になるのがデザインではないでしょうか。
見た目を洗練されたものにすることで、人々の気を引くことができますし、それによって中身も読んでもらえる可能性が高まるからです。
また、作成するものが会社や商品についてのものだった場合、その会社や商品そのもののイメージを構成する要素にすらなり得るからです。
このように考えると、デザインこそが重要で真っ先にやるべきことと思うかもしれません。
しかし、真っ先にやってしまうと失敗するケースが多いです。
これは、記載する文字との関係が影響しています。
つまり、文字を入れることができるスペースが予め決まってしまうため、入りきらなかったり文章そのものを変更しなければならない事例が発生するというわけです。
当然、作業効率も悪くなりますし、効果的な文字を使うことができなくなってしまいます。
ですから、まずは記載する文章を決めてから最終的にデザインを決めることがカタログ作成には必要とされるのです。

デザインで差をつけろ!理解してもらえるカタログ作成

カタログ作成をする場合に、大切なポイントの一つがデザインです。
たかがデザインと思っている方もいるかもしれませんが、レイアウトのわずかな違いであっても、カタログの印象そのものを大きく左右します。
魅力的なカタログを作りたいのであれば、カタログのレイアウトやカラーなど細かい点にまで注意しなければなりません。
カタログを作る上で忘れてはいけないのが、カタログを見る人に理解してもらえるかということです。
どんなに見た目にこだわっているカタログだとしても、見た人が何の商品のカタログなのか理解してくれなければ意味がありません。
そして見る人に理解してもらえるためのカタログ作成のアプローチ方法の一つが、デザインを考慮することなのです。
そうはいっても、色んな形でカタログをアピールすることが可能です。
デザイナーの方に考えてもらったとしても、アプローチの方向性は無数に存在しているので、具体的な方向性を決めて理解してもらえるカタログを作っていくことが大切です。

COPYRIGHT(C) たのしいカタログ ALL RIGHT RESERVED