カタログ作成に関する情報が満載!

たのしいカタログ

カタログ作成のコツとポイント

カタログは、商品の魅力をお客様に伝えるためのものです。
作成の際に気を付けたいポイントや、質を高めるコツについてお知らせします。
まず、カタログ作成の前にその目的をはっきりさせる必要があります。
「誰に」「何を」伝えたいかを洗い出しましょう。
それが分かれば、おのずと作成するべきカタログの方向性が見えてきます。
そして、必要に応じて素材を準備します。
冊子として作成するのであれば版型やページ数、綴じ方などの印刷仕様を、ウェブカタログや電子媒体用のカタログであればそれに合わせた仕様を固めます。
いずれの場合も、想定した対象が見て分かりやすいか、そして魅力を感じられるかを常に意識して制作していきましょう。
なお、冊子として印刷する場合ですが、現在はウェブ上で印刷が依頼できる印刷通販会社が多数あるため、今まであまりカタログの発注経験がない方でも簡単に注文が可能です。
但し、事前にサンプルを取り寄せるなどして、仕上がり品質を確認してから注文するようにしましょう。
カタログ用の原稿は、専用のアプリケーションソフトを使って作成するのが一般的ですが、ワープロソフトなどで作ったデータの入稿を受け付けている印刷会社もあります。

カタログ作成の工夫をしたテクニックとは

カタログ作成の多くは、商品を掲載して目で楽しみながら選ぶ事が多くあります。
ただし、全ての商品を同じように扱っていれば、特徴がつかめず、分かりづらい内容になってしまいます。
グループ分けをする事が大切であり、色で分けて、その色をベースとして配色して行く事が重要です。
グループ同士で優先順位を決め、優先順位の高い物の次から、先に掲載して行く事がポイントになります。
その理由は、初め方に掲載されているページほど目に止まる可能性が高く、記憶に強く残してもらえる可能性があるためです。
最も優先順位の高い内容は、温まった状態が望ましく、これをトップに持ってくれば、後の内容を見てもらえない可能性があるためです。
最も優先順位が高い内容は、中播辺りが望ましく楽しむ余韻が残れば、残りのページも見てもらえる可能性が高くなります。
カタログ作成は、ターゲットを絞って、ターゲットが望むカタログ作成が好ましく、年齢層に合わせる事が重要です。
基本的に若者向けは興奮を与える内容が望ましく、年配の方は仕事の疲れを癒せる様な抑制のある内容が望ましい場合もあります。
女性向けは淡い色で優しく配色を行ない、男性向けは重みがある色で配色を行う事で、男性の求める強さを現す事が可能になります。


注目サイト


最新機器への買い換え時、中古医療機器買取をご利用ください。


中古医療機器買取を東京で検討


素敵なプレゼントや景品と交換ができるモニターサイトです。


ゲッティーズ


様々なバリエーションの度ありカラコンが多数揃っています!


カラコン 度あり


最終更新日:2019/6/28

COPYRIGHT(C) たのしいカタログ ALL RIGHT RESERVED